勉強合宿

勉強合宿 ~時間をかけて友達と深く考える


稔ヶ丘高校は、東京都教育委員会より「アクティブ・ラーニング推進校」の指定を受け、「考える力」や「表現する力」を身に付ける学習活動に重点を置いています。

 

平成29年度 勉強合宿(数学)

時間をかけて大学入試問題を深く追究するために、夏季休業日中(8月1日~2日)、八王子の大学セミナーハウスで数学の勉強合宿を実施しました。

当日は、「これまでの学習経験を、どのように活用・工夫して問題を解決するのか」をテーマに、講義とゼミナール方式の演習を行いました。

数学を活用して物事を解決する際、
「何をどう組み合わせるのか?」という視点で、既習事項の想起が必要になります。

そこで、今回のねらいを以下のように設定しました。
 (1) 問題解決に向けて、構想し、見通しを立てる力
 (2) 能率的に処理する力
 (3) 論理的に推論する力
 (4) 統合的・発展的に考える力
「数学」という学習を通して、身に付けてもらいたい見方や考え方です。

勉強合宿テキストで扱った主な大学入試問題
・神奈川大学、関東学院大学、北里大学、慶應義塾大学、成蹊大学、東京電機大学、東京理科大学、法政大学、立教大学
・宮城教育大学、福島大学、会津大学

1つの問題に対して、複数の解法を学ぶことで、これまでの既習事項の関連付けができるようになり、問題解決のための視点を増やすことができました。
また、寝食を共にした仲間たちと学び、相談したり、教え合ったりしながら粘り強く数学の大学入試問題にチャレンジしました。


 


Minori English Camp

冬休みに入った12月27日(水)から1泊2日の日程で、八王子にある大学セミナーハウスで英語の勉強合宿を行いました。
他の教科の勉強合宿と間違わないように、Minori English Camp と呼んでいます。
English Winter Camp と称することもあります。
稔ヶ丘高校では、真に使える英語を身に付けるため、受け身で「聞く」「読む」ができるというだけではなく、積極的に英語の技能を活用し、主体的に考え表現することができるよう、「話す」「書く」という能力の伸長をはかっています。
こうした英語の4技能(聞く、読む、話す、書く)を修得するために、今回の勉強合宿では、英検の準2級と2級の問題を活用して、自分の意見や主張を英語で表現する活動を取り入れました。
先生が教えてくれたコツ(ヒント)は、次のとおりです。
(1)内容:Qの答えになっているか
(2)構成:意見→理由→まとめの構成になっているか
(3)語彙:正しい英単語が使えているか
(4)文法:正しい文法で、同じ表現をくり返し使うことなく表現できているか
 
日頃の授業とは違って、十分時間をかけ、先生からマンツーマンの指導を受け、そして友達と意見を交わしながら、納得できるまで勉強ができたようです。
2日目には、楽しい英語劇が待っています(先生の英語劇もあります)。


 

 

〒165-0031 東京都中野区上鷺宮五丁目11番1号
電話 : 03-3970-8655 ファクシミリ : 03-3926-7523